初心者がやってしまう投資の失敗例とは??

初心者がやってしまう投資の失敗例とは??

リモートWORKでは自動お手伝いシステムツールのおかげで、初心者でも安心して売買をすることができます!

通常であれば様々な失敗を重ねながら経験を積んでいかなければいけないですよね?

そこで今回は株の取引を例にして、初心者がやってしまう4つの失敗例をみていきましょう!

今の時代だからこそ実現!
リモートWORK公式HPでチェック!

深く銘柄を購入してしまう

深く考えずに売買しても、もしかするとビギナーズラックで利益が出るケースはあるかもしれません。

趣味で投資をするのであればそれでも良いかもしれませんが、「副業」として考えるのであればリスクが大き過ぎますよね!

なんとなくお金が増えそう」と投資に対する知識もないまま始めてしまうと、後々大変な損をしてしまう可能性だって考えれます。

株に限らずBOでも、継続して利益を出すためには勉強をし続けることが必要ということですね。

感情に流される

お金のことが絡むとついつい熱くなってしまうという人は多いんじゃないかと思います!

「損をしたくない」「もっと稼げる」こんな感情が強くなるあまり、冷静な判断ができなくなって損をすることもありがちです。

投資の失敗を避けるためには、感情をコンロールして平常心を保つことが重要だと言えますが、初心者にはなかなか難しいのではないでしょうか。

タイミングで投資してしまう

なかなかプロでも相場を読むことができないのに、初心者がタイミングを見極めて結果を出し続けることは、ほぼ不可能に近いんじゃないかと思います!

中には野生の勘が冴え渡ってる人もいるかもしれませんが、やはり勘だけで利益を出し続けることはできませんよね。

タイミングを狙って投資してしまうと、高値づかみや値下がり時の買い増し失敗となる可能性が高くなるので、注意をしておく必要があります!

資産管理ができていない

これを読んでいる人は今現在、自分がどのくらいの資産を持っていて、そのうち余裕資金がいくらあるかを正確に把握できているでしょうか。

もしどのくらいの損失なら問題がなく、またどのくらいの利益が出たかも把握していないまま投資をするのはとても危ないと思います!

いつの間にか「貯金を使い果たしてしまった」「借金をしていた」というパターンもあるので、副業がどうという話では無くなってしまいます。

特に借金をして投資をしてしまうと、返済のことが頭をよぎって冷静な判断ができなくなってしまうので、余裕がある資金で行う必要があります!

今の時代だからこそ実現!
リモートWORK公式HPでチェック!
TOPページを見る